稲毛高校同窓会

千葉市立稲毛高等学校同窓会会則


第1章  総   則

  • 第 1 条
    • 本会は、千葉市立稲毛高等学校同窓会(以下本会)と称して、英訳名と事務所を
      以下のごとく定める。

      1. Inage senior high-school alumini association
      2. 千葉市美浜区高浜3丁目3番1号 千葉市立稲毛高等学校内におく。

第2章  目的及び事業

  • 第 2 条
    • 本会は、千葉市立稲毛高等学校及び附属中学校(以下本校)の一員として過ごし
      た会員相互の親睦と交流を図り、母校の充実と発展に寄与することを目的とする。

      本会は、前条の目的を達成するため、次のことを行う。
      1. 会員相互の親睦と交流に関する事項
      2. 母校の充実と発展に関する事項
      3. その他、本会の目的を達成するために必要な事項

  • 第 3 条
    • 本会は、以下の資格を有するものを会員とする。
      1. 本校に過去在籍、卒業した生徒、ならびに過去勤務、あるいは現在勤務中
        の職員
      2. 前項にかかわらず、本会の目的達成に協力するものは常任幹事会の承認
        を得て会員とすることができる。

  • 第 4 条
    • 本会は、会員を以下のように分類する。
      1. (正 会 員)
        • 本校の卒業生のうち、高等学校を卒業した者。
        • 本校に在籍したもので入会を希望し、常任幹事会で認められた者。
      2. (準 会 員)
        • 現在、本校に在籍中の生徒
      3. (特別会員)
        • 本校の現・元職員。但し、本校の卒業者は正会員とする
        • 本校に特に功労のあるもの

  • 第 5 条
    • 会員が死亡、除名となったときは会員としての資格を失う。

  • 第 6 条
    • 会員は、次の権利を有する。
      1. 本会のすべての活動に参加し、また本会の利益を受けること。
      2. 本会のすべての問題に意見を述べ、かつ決議に参加すること。
      3. 本会役員を選挙し、選挙されること。
      4. 会計、議事録、その他本会に関する書類を閲覧すること。

  • 第 7 条
    • 会員は、次の義務を負う。
      1. 本会の会則、諸規定に従うこと。
      2. 会費を納めること。

第4章  組   織

  • 第 8 条
    • 本会は、次の役員を置く。
      1. 会  長  1名
      2. 副 会 長  3名(1名は学校長とする)
      3. 幹事役員 若干名
      4. 幹  事 (第12条による)
      5. 書  記  2名
      6. 会  計  2名
      7. 監  査  2名
      8. 顧  問  若干名

  • 第 9 条
    • 会長は、常任幹事会において推薦し、総会の承認を得る。

  • 第10条
    • 副会長は、会長が推薦し、総会の承認を得る。

  • 第11条
    • 幹事役員は、幹事の互選により総会の承認を得る。

  • 第12条
    • 幹事は、卒業年度別に各クラス2名をもってこれにあてる。

  • 第13条
    • 書記及び会計は、幹事役員の承認を得て、会長が委嘱する。

  • 第14条
    • 監査は、幹事以外の会員より総会で選出する。

  • 第15条
    • 顧問は、本会の発展に会った会員より幹事役員の推薦を経、総会の承認を得る。

  • 第16条
    • 各役員の職務は以下の通りとする。
      1. 会長は本会を代表し、会務を総括し、常任幹事会、幹事会の議長となる。
      2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。
      3. 幹事役員は、会務を処理し、本会の企画運営にあたる。
      4. 幹事は会長の命を受け、会務を処理する。
      5. 書記は会務にたずさわる。
      6. 会計は会計事務を行う。
      7. 監査は会計の監査にあたり、その結果を総会に報告する。
      8. 顧問は本会の運営に対し助言を与える。

  • 第17条
    • 役員の任期については以下の通りとする。
      1. 役員の任期は2年とする。但し、欠員が生じた場合の補欠員の任期は前 任者の残任期間とする。
      2. 役員は再任されることを妨げない。
      3. 役員はその任期満了後でも、後任者が就任するまでは、その任にあたる。

第5章  機   関

  • 第18条
    • 本会の決議機関は、次の2種とする。
      1. 総会
      2. 常任幹事会

  • 第19条
    • 総会は本会の最高決議機関である。

  • 第20条
    • 定期総会は毎年1回11月に常任幹事会が招集する。

  • 第21条
    • 臨時総会は下記の場合に会長が招集する。
      1. 常任幹事会が必要と認めたとき。
      2. 会員の3分の1以上の要求があったとき。
  • 第22条
    • 総会は出席会員、及び委任状により構成される。

  • 第23条
    • 総会の議長は総会出席者の中から決定する。

  • 第24条
    • 総会における議決は出席者ならびに委任状の3分の2の賛成を要する。

  • 第25条
    • 総会の日程、議案、その他必要事項は総会開催日の1ヶ月前に会員に告示しな ければならない。
      ただし、臨時総会は必要に応じ2週間前に告示することがある。

  • 第26条
    • 次の事項は定期総会で決定しなければならない。
      1. 活動方針
      2. 会則、規定の制定、改廃
      3. 会員の除名
      4. 予算と決算
      5. 1件30万円以上の支出

  • 第27条
    • 常任幹事会は会長が招集する。

  • 第28条
    • 常任幹事会は、会長、副会長、書記、会計、幹事役員で構成し、次の会務の企画運営にあたる。
      1. 総会に提出する議案、各種原案の作成
      2. 緊急事案の処理
      3. その他、必要と認める事項

  • 第29条
    • 出席者の4分の3の賛成を持って議決する。

  • 第30条
    • 幹事会は全幹事で構成し、幹事役員を選出する。

  • 第31条
    • 幹事会は会長が招集する。

  • 第32条
    • 幹事会は出席幹事の3分の2以上が出席しなければ議事にはいることができない。
      決議はその過半数を要し、賛否同数の場合は会長がこれを決定できる。

  • 第33条
    • 幹事会の議案、その他必要事項は、幹事会開催期日の2週間前に幹事に告示しなければならない。

  • 第34条
    • 幹事会は、下記に掲げる活動を行う。
      1. 総会で委任された事項
      2. 同窓会活動の準備、運営に関する事項
      3. 総会、常任幹事会、幹事会共議事録を作成し、議長は出席者の中から2名の署名者を指名し、そのものの記名押印を得たうえで事務局に保管する。

第6章  会    計

  • 第35条
    • 本会の会計に関する規定は会計細則によるものとする。

第7章 褒章と懲罰

  • 第36条
    • 表彰は次の方法により行う。
      1. 本会の発展に貢献した正会員に感謝状を授与し、記念品を贈る。
      2. 本会役員としてその功績が大であると認められた者が退任するときは、記念品を持って 謝意を表する。
      3. 表彰を行うにあたっては、常任幹事会において審議・決定し、その後の総会で会員の承認を得るものとする。

  • 第37条
    • 本会の名誉を著しく傷つけ、または多大な損害を与えたものは総会での審議を経て、
      会員の資格を剥奪し、除名処分とする。

第8章 会則の改廃

  • 第38条
    • 会則の改正は第26条の手続きを経て、総会において出席者及び委任者の3分の2以上の賛成で決する。

附     則

  1. 本会則は、昭和57年6月18日から施行する。
  2. 平成2年8月5日改正
  3. 平成5年8月1日改正
  4. 平成10年9月13日改正
  5. 平成13年10月27日改正
  6. 平成20年11月8日改正


千葉市立稲毛高等学校同窓会会計会則


第1章  総    則

  • 第 1 条
    • 本細則は、千葉市立稲毛高等学校同窓会会則第35条の規定に基づきこれを定める。

  • 第 2 条
    • 千葉市立稲毛高等学校同窓会(以下本会)に関する会計については、この細則の定めるところによる。

第2章  会 計 区 分

  • 第 3 条
    • 本会の会計年度は、10月1日に始まり、翌年9月30日までとする。

第3章  収     入

  • 第 4 条
    • 本会の収入は以下のものとする。
      1. 会費
      2. 入会金
      3. 寄付金
      4. その他収入
  • 第 5 条
    • 本会の正会員となる者は入会金として600円、会費1ヶ月150円を3ヶ年分
      (即ち6000円)を卒業時に一括して納付するものとする。

  • 第 6 条
    • 本会の特別会員ならびに準会員となる者は会費を免除する。

  • 第 7 条
    • 本会は同窓会名簿作成、記念事業等、特別な事業を行うときは会員より寄付金
      を募ることができる。

  • 第 8 条
    • その他収入とは本会が活動する中で発生する利益を目的としない収入をいう。

第4章  予     算

  • 第 9 条
    • 本会会計は一般会計予算と特別会計予算で行う。

  • 第10条
    • 一般会計予算は年度会計とし、役員会において予算を編成する。

  • 第11条
    • 特別会計予算は年度会計とし、特別な事業を行う場合にのみ役員会において予算を編成する。

  • 第12条
    • 特別会計における収入は年度一般予算総収入の60%を限度としてこれをあてることができ、
      必要と認められた場合に行う。

  • 第13条
    • 予算の編成にあたっては一般予算、特別予算共年度の事業計画に基づいて編成を行うものとする。

  • 第14条
    • 千葉市立稲毛高等学校(以下本校)から、同校の備品、設備等の購入、準会員特別活動援助費の学校推薦によって
      本会に対して寄付、援助を求められた時、その申請は書面をもって受理し、常任幹事会で審議のうえ総会で可否を
      決定する。

  • 第15条
    • 一般予算案、特別予算案は総会における承認を得て、施行するものとする。年度途中において補正予算を組む必要性があると認められたときにはその予算を常任幹事会で編成し、出席者の4分の3の賛成をもって施行できる。

第5章  予 算 執 行

  • 第16条
    • 経費の支出はすべて支出負担行為の伺書及び支出決議書によって処理する。経 費の支出は、正当な債権者の請求書の提出を持って行う。但し、経費の性質上請 求書を徴することが困難なものにおいてはこの限りでない。

  • 第17条
    • 前2条の規定により、支払が終了したときには、現金出納簿及び予算整理簿に 所要事項を記入し、かつ債権者の領収書を徴さなければならない。

  • 第18条
    • 予備費の支出は常任幹事会において特別必要と認められた場合に行う。会計役 員は、次の場合、支出の拒否ができる。
      1. 本細則第8条の規定に基づいて承認された予算と異なる場合。
      2. 書類不備の場合。

第6章  決     算

  • 第19条
    • 会計役員は、総会において決算報告を行う。

  • 第20条
    • 会計年度末において、決算剰余が生じた場合は繰越金として次年度の収入に 繰り入れるものとする。

  • 第21条
    • 一般会計予算の支出の区分は、次のとおりとする。
      1. 総会費
      2. 卒業記念品費
      3. 広報費
      4. 準会員特別活動援助費
      5. 特別会員慶弔費
      6. 特別会計積立金
      7. 学校施設助成費
      8. 事務費
      9. 会議費
      10. 予備費

第7章 準会員特別活動援助費

  • 第22条
    • 本会の準会員である本稿在校生の特別活動を活発にするため、以下の基準にお いて当該団体(部活動、委員会等)に対し特別活動援助費を支給する。
      • 第1項
        1. 全国大会出場の場合……1日につき1人あたり5,000円
          (高体連、高文連の主催、あるいは同等レベルの全国大会も含む)
          支給対象日は原則として大会等の参加日のみとする。
        2. 作品や出展などで在校生が参加していない場合
          ……当該団体に一律10,000円
      • 第2項
        • 同窓会は年間総額300,000円を限度とし、準会員の特別活動(部活動、生徒会 活動等の団体活動
          に限る)において第1項とは別に、その活動援助費を支給す ることができる。
        • 支給にあたっては希望団体を学校内で集約、調整し、支給希望年度の前年土 中に同窓会に申請、
          その内容を総会において承認を受けるものとする。但し、 本項実施初年度においてのみ、その申請、
          支給内容は本項承認後の決定を可と し、2007年12月31日までに申請を行い、同窓会役員会の
          承認を受けてから執 行する。
        • 援助費の使途については有形物とし、継続的に申請団体の活動にしようでき る物とする。

第8章  特別会員慶弔費

  • 第23条
    • 千葉市立稲毛高等学校職員が、転・退職または死亡の場合の、餞別・弔意の基 準は下記のとおりとする。但し、懲罰等により退職する者には支給しない。
      1. 餞別 10,000円
      2. 弔意 10,000円

第9章  諸  手  当

  • 第24条
    • 同窓会会員(正会員、準会員、特別会員)が同窓会活動として必要と認める業務 を行った場合、必要に応じて交通費、諸手当として1日につき1人あたり5,000 円を支給する。(但し月1回の支給を限度とする)。

      但し、特別会員のうち本校勤務職員は勤務時間外に活動した場合のみ適用する。

第10章  そ  の  他

  • 第25条
    • その他特にこの規定によりがたい場合は、常任幹事会の協議により定める。


付  則

  • 第26条
    • 本細則は、平成5年8月1日より施行する。
    • 平成13年7月1日改正
    • 平成19年11月17日改正

  • 第27条
    • 会計区分の変更にともない、移行期間として平成13年度の会計期間を 平成13年9月1日から平成14年9月30日までとする。

  • 第28条
    • 改正会計会則の入会金及び会費については平成14年度入学者より適用する。

以 上